鶴岡八幡宮 蓮の花

紫陽花が終わった後、鎌倉の夏に咲く花と言うと、代表的なものは、凌霄花(のうぜんかずら)や百日紅(さるすべり)、そして蓮の花だろう。 蓮の花と言うと、やはり鶴岡八幡宮の源平池だろうと思う。本覚寺や建長寺でも見られるけれど、...

静雨庵

鎌倉を歩き始めて、何度も通っているお店が、静雨庵というラーメン屋さんだ。回数からすると、ダントツでナンバー1になるくらい。 鎌倉駅の江ノ電側の西口を出て、御成商店街を歩く。そのうち三本の道が交わる変則的な交差点に辿り着く...

名越大黒堂

鎌倉には、とても小さな神社が多い気がする。この小さな神社に出会ったのは、鎌倉の苔寺と言われている妙法寺に行き、材木座へ向かう途中だった。 安国論寺の前を通り、材木座方面へ歩いて行こうとしていたら、一段高いところに神社があ...

三日月堂花仙

北鎌倉の和菓子屋さん&和風カフェの三日月堂花仙は、長寿寺の向かい側、ちょうど亀ヶ谷坂切通へ抜ける道の道路を挟んだ反対側にある。 なかなか和菓子屋さんには入らない僕としては、複数回入ったことのあるお店である。お店の門の前に...

由比若宮(元八幡)

鎌倉は、主要な道でもそれほど大きな道ではないけれど、更に細い路地があちこちにある。そんな路地を歩いていると、歴史のある寺社やスポットに辿り着くこともある。そんな散策が十二分に楽しめるのが、鎌倉でもある。 その歴史を知って...

建長寺 三門梶原施餓鬼会

三門梶原施餓鬼会(さんもんかじわらせがきえ)は、梶原景時の亡霊を弔うために行われる。 建長寺が開かれて間もない7月15日、三門(山門)では施餓鬼会が行われており、その施餓鬼会が終わった直後、武者が駆けつけた。しかし、施餓...

杉本寺

杉本寺は、鎌倉最古の寺で、金沢街道沿いにある。金沢八景にある瀬戸神社前から鶴岡八幡宮前までの道を、金沢八景にある六浦湊に荷揚げされた物資の運搬に利用していた道だったことから六浦道と言う。その六浦道を今は金沢街道と呼んでい...

どさん子鎌倉店

僕が鎌倉歩きを始めて、最初に食べたラーメンは、何故かこの「どさん子」だった。鎌倉で「どさん子」つまり札幌ラーメンを食べる必要があるか、どうしてここに入ってしまったのか、今思っても不思議なんだけど、入ってしまった。 No ...

石上神社例祭(御霊神社)

石上神社例祭は、海神の霊を鎮め、遭難した人々の霊を慰める式典で、海上の安全祈願をする神事。毎年海の日に執り行われる。 神輿を神社前の参道に安置し、祝詞と神楽をあげる。神輿は漁船に乗せられ、赤飯を高盛にして白い和紙の御幣を...