ぼんぼり祭

鶴岡八幡宮のぼんぼり祭は、毎年立秋の前日から8月9日の実朝祭までの期間に行われる。

鶴岡八幡宮の境内や参道には、鎌倉在住の文化人や各界の著名人の揮毫によるぼんぼりが並ぶ。夕刻になるとぼんぼりに灯りがともされ、境内は夜まで賑わっている。

《夏越祭(なごしさい)》

8月6日(土)15:00
ぼんぼり祭の初日に行われる。
源氏池の畔で古式による祓の神事を行った後、茅の輪をくぐり舞殿に向かう。
舞殿では、四人の巫女による「夏越の舞」が奉仕される。

《立秋祭(りっしゅうさい)》

8月7日(日)17:00
舞殿において鈴虫を献上して、神事を行う。
巫女による神楽も奉仕される。

《実朝祭(さねともさい)》

8月9日(火)10:00
鎌倉幕府第三代将軍源実朝公の人徳を偲び顕彰するお祭。
実朝公の誕生日に境内の白旗神社で行われる。
ぼんぼりに仕立てた書や画を境内に立てるのも、文芸に秀でた実朝公のご事績にちなんでいる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA